渡船の関

東海道・静岡県

新居の関は渡船の関

江戸時代の繁栄の度合いを計るものとして、船があります。かつては港町が大都市の象徴みたいなところもありました。「騏驎が来る」の中でも美濃の斎藤道三が、港がある尾張を欲しているシーンがありました。そんなところからも港の重要性が窺い知れますね。
タイトルとURLをコピーしました