東海道・静岡県

旧街道は曲がりくねって

峠を越えるのに4つのルートがある宇津の谷峠。国道も含めれば6つもあります。とりあえず旧東海道と表記のあるルートを通りましたが、昭和初期のトンネル、明治のトンネルも通ってみたかったかも。次回はどっちかを通ってみるかな。
東海道・静岡県

東海道は参勤交代の道

しばし忘れておりました。参勤交代。考えてみたら各宿には大名用の本陣なんかもあったんですから、そりゃ大勢の大名関係者各位が往来していたことでしょう。自分のペースじゃ歩けないだろうから大変だったろなぁ、と気楽な一人旅は思いました。
東海道・静岡県

暗い山間の地蔵堂跡

暗い山間にお堂の跡なんてのが現れると、ちょっと不気味さが漂います。おどろおどろしい物語の舞台になるのも納得な雰囲気。昔の旅人も歩を早めたのではないでしょうか。
東海道・静岡県

旧街道、災害の傷跡

険しい傾斜にもかかわらずきれいに整備されておりました。過去災害に遭って別ルートで改修されたんだとか・・・。交通の難所は災害の台風の目でもあるわけですね。天気は良かったのですが、慎重に歩かざるを得なくなりました・・・。
東海道・静岡県

峠の道行き

またまた随分と雰囲気のある峠道にやって来ました。そうそう、こういう光景に出会いたかったのですよ。街中のコンクリートやアスファルトにはもう飽き飽きしていたので、まさにリフレッシュ!です。
東海道・静岡県

斜光の民家の軒先

峠がこれから始まる、というのに久方ぶりに昔懐かし的な風情の集落が現れました。竹を編んだしょい籠、おばあちゃんがしょってたなぁ・・・。ちょっと懐かしさも感じた集落でした。
東海道・静岡県

宇津ノ谷峠、難所だそうです

薩埵峠以来の峠の到来です。宇津ノ谷峠。国道はトンネルでズドンとぶち抜いちゃってますが、私の歩く東海道は、地形に沿って山登り。さ、一歩一歩進んでいきますか・・・。
東海道・静岡県

逆川口で日が暮れて

日没との追いかけっこでしたが、私の負けでした。峠越えを前にして日没。日没後の徒歩旅行は安全第一の観点から行わないことにしています。ましてや峠越えじゃ・・・。というわけでなんとも中途半端なところでのギブアップ。うーん。次回が大変だぁ・・・。
東海道・静岡県

林業健在

ここまで杉並木や森の中を歩くことはありましたが、それを生業とする場面・林業の現場を目にすることはありませんでした。20宿目にして初めて目にした山積みの丸太。東海道の奥の深さの一端が見えた気がしました。
東海道・静岡県

高札の森???

よく時代劇で目にする「高札」。なぜにここにこんなに密集しているのかよくわかりませんでしたが、なかなか目にする機会がなかったので、1枚1枚撮っておきました。いまだに全部読んではいませんが・・・(おいおい
タイトルとURLをコピーしました