東海道五十三次徒歩旅行

東海道五十三次徒歩旅行

東海道五十三次徒歩旅行裏話(4)長期休みがなくっても

東海道五十三次徒歩旅行、裏話第4弾です。基本土日休みだった月給取りがどうやって完歩を達成したか。そのあたりのお話です。コンスタントに毎回30キロ以上歩いてれば24回も挑戦しなくて済んだと思われ。次回やるときは途中で家に帰らずぶっ通しでやってみたいですわ。足腰立たないじじいになる前に、ね。
東海道五十三次徒歩旅行

東海道五十三次徒歩旅行裏話(3)歩く季節の選び方

東海道五十三次徒歩旅行、さて歩くのに最適な季節は?私は四季の中で春が一番好きですから当然「春」と答えますが皆様はいかがでしょうか?真夏に日焼けしながら歩くもよし、凍える冬の日の出前から歩くもよし。よし、検証のためにもう1回歩いてみるか?そんなことも頭をよぎる完歩から3年後の私です。
東海道五十三次徒歩旅行

東海道五十三次徒歩旅行裏話(2)カメラはコンパクトに

東海道五十三次徒歩旅行、今回は旅のお供のカメラのお話。徒歩旅行というからには荷物は軽くしておきたい。ということでメインカメラはRICOHのGRでした。そういやⅢを買ってから全然使ってないなぁ・・・汗。大ぶりなボディはむしろⅢよりも好ましかったりして。歩きメインの移動ならGRはおすすめです。
東海道五十三次徒歩旅行

東海道五十三次徒歩旅行裏話(1)ルール編

東海道五十三次徒歩旅行、三条大橋にたどり着いちゃったので、今回からは裏話編です。今までの記事には出てこなかった笑える話、言わなきゃいいのにの話等色々暴露?して行こうと思います。少しでも東海道徒歩旅行の参考になれば・・・。どなたかやりませんか?www
東海道・京都府

東山の路地裏、桜と柳と水の流れ

東海道五十三次徒歩旅行、いよいよクライマックス直前です。あっさりゴールをもったいぶるかのように、キョロキョロしてたんだろうなぁ的なカットが残っていました。水路のカット、ここで確か京津線と絡めて撮ったよなぁ・・・なんて過去を思い出したりして。さぁ、桜に見送られつつ、次回いよいよ東海道編最終回!?
東海道・京都府

このポスター、ミッドナイト念仏

東海道五十三次徒歩旅行、早朝の東山で真夜中のポスターを見つけました。ミッドナイト念仏。最初は深い青に惹かれてとっさにシャッター。そして文言にマジか!?と思い、薄い文字に深みを教わるという・・・。時間があれば行ってみたかったかも・・・。その時間があればっての、いい加減やめにしたいですね(^ ^;;行かなきゃ!(え???
東海道・京都府

蹴上の桜、インクラインに咲き誇る

東海道五十三次徒歩旅行、蹴上までやって来ました。この辺りは観光スポットも多いので、ここで降りたことのある方も多いことでしょう。私的には桜バックで京阪京津線を撮った、って思い出ばかりが思い出される場所なのですが(^ ^;;あの頃の桜もこんな感じだっただろうか。朝からちょっと感傷にふけったゴール間近の朝でした。
東海道・京都府

いよいよ三条大橋の文字が・・・!

東海道五十三次徒歩旅行、いよいよ道案内看板にゴールの文字が現れました。三条大橋。お江戸日本橋を出発してからずーっと目指していたゴール地点。間違えて五条大橋に行かないように気をつけねば。弁慶に成敗されてしまいますからね(^ ^;;さぁ次回は蹴上の桜です。
東海道・京都府

九条山、京阪京津線の名残り

東海道五十三次徒歩旅行、九条山の登り坂にやって来ました。以前、と言っても何年前か思い出せないのですが、まだ京阪京津線がこの辺りの地上を走っていた頃に歩いた記憶があるのです。その頃の写真が押入れのどこかに眠っているはずなのですが・・・発掘されたら追記しようと思います。
東海道・京都府

朝の桜道

東海道五十三次徒歩旅行、いよいよ蹴上に向けて登り坂が始まろうかというところ、満開の桜の小道がありました。お花見、というと夜やる方も多いかと思いますが、早朝の桜もキレイなもんですよ〜。なにより人が少ない(いない?)から気兼ねなくゆっくり眺められますから。ニャンコが随伴してくれたのが幸いしました。ありがとね♪
タイトルとURLをコピーしました